記事の詳細

遺品整理をしている時に故人の遺言書を見つけたら、その場で開封してはいけないと言われていますよ。

自宅に置いてある遺言書はだいたい自筆証書遺言である可能性が高く、相続トラブルに発展させないためにも、遺言書の取り扱いは慎重に行った方が良いでしょう。

勝手に処分したり開封してしまうと罰則が課せられる可能性があり、法的効力を有効にするためにも家庭裁判所へ提出して、相続人が立ち会いした状態で開封してもらい、検認という手続きを行わなくてはいけないのです。

故人の意思に沿った遺産分割をスムーズに進めるためにも、遺品整理業者に依頼するなら遺言書を探してもらい、他の不要な遺品と一緒に処分してしまわないように注意が必要ですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る